スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格手当の支給方法を考える 

 2月6日、保険代理店向けの営業セミナーを開催しました。

 約2時間半のロングランで、色々な角度から法人顧客の獲得テクニックを披露させていただきました。

 セミナーでお話しした内容で、『手当を考える』という話の一部、「資格手当の支給方法」についてアップします。

 会社に必要な資格を取得すると、資格手当と称して月額3,000円とか5,000円とか支給します。しかしながら、社会保険料がその支給によって上がってしまいますと、ほとんど手取りが変わらないといった状況にもなります。また、社員側の本音としては、『月に多少増えてもあまり嬉しくない』といった声も多く聞かれます。

 例えば3,000円の支給の場合、会社は3,000円の賃金アップと社会保険料がもし上がった場合は2,000円~3,000円程度更に負担増となり、社員はほぼ手取額のアップなしとなるケースもあります。

 であれば、表彰制度を使って、例えば1年後50,000円、5年後100,000円、10年後150,000円、20年後200,000円というようにしてはいかがでしょうか?

【3,000円を資格手当で支給した場合の負担額】※社会保険料のアップは考慮しません。

1年後…36,000円
5年後…180,000円
10年後…360,000円
20年後…720,000円


【表彰制度を利用して支給した場合の負担額】
※上記のように支給した場合

1年後…50,000円
5年後…150,000円
10年後…300,000円
20年後…500,000円


 以上のように、社員にとってインパクトがあり、会社にとって負担の少ない手法となります(^^)

スポンサーサイト

求職者に対してのセミナーの一コマ 

 先週月曜日に、リクリエイション21(http://www.recre21.jp/)という、就職支援会社で、求職者に対してセミナーを実施しました。

 ここでは、求職者が主にパソコンを中心に勉強しています。

 そんな中、私が就職するにあたって、労働基準法の基礎知識、人生のあり方、中小企業の経営者はどんな人材を必要とするか等々を、お話しさせていただきました。

 「どのような人材が経営者に必要とされるか」というテーマで、私なりに話をさせていただきました。一部をご紹介いたします。必要であれば、御社の社員に閲覧してください。

◇挨拶をしっかりしていること
 挨拶は、ただ行えば良いというものではありません。相手を不愉快にする挨拶もあります。それは、相手の目も見ずに、仕事をしながら挨拶したり、無愛想に挨拶したり…。
 そういった気持ちのない挨拶をすると、かえって相手を不愉快にしますので、笑顔で大きな声で行うようにしましょう。
 意外に新人より会社に慣れてくると、そのようなクセがつきますので気をつけましょう。

◇経営者の進む方向性を把握していること
 いくら仕事ができている人でも、経営者に反抗したり、方向性が一致していなけば、一緒にやっていくことはできません。
 まず、経営者の進むべき方向性をしっかり理解し、言動していくことが必要です。
 決して「YESマンになれ」と言っている訳ではありません。しかし、経営者に対して「NOマン」になっては、永年一緒に働くことに無理が生じてきます。

◇時間にルーズでないこと
 約束に時間に遅れるときは、約束の時間前に必ず連絡していますか?また、遅れる時間を伝える場合は、5~10分多めに言っておくことが相手を更に怒らせないテクニックです。5~10分多めに言っておいて、早めに到着すれば、相手は「早く来てくれた」と錯覚します。

◇礼儀がしっかりできていること
 ごちそうになった時、その場でお礼をするのは当たり前です。しかし、次に会った時、または会えない状況の場合は、電話等で、二度目のお礼をしていますか?
 日本人的な発想なのかも知れませんが、二度礼をしないと「失礼なヤツだ」となるケースが多いですので気をつけてください。

有効な手当の支給方法 

 先週木曜日は、一日に2本のセミナーを実施しました。

 午後からは、セクハラ・パワハラについてのセミナーを実施、夜は、会社を守る就業規則と有効的な手当の支払方法をお話しさせていただきました。

 その中で、皆様には、有効的な手当の支払方法をご紹介いたします。

手当の箇所では、手当の種類は大きく分けて3種類あります。
一つは生活扶助手当、二つ目は能力・実力手当、三つ目は会社を守る手当です。

 生活扶助手当は、通勤手当や家族手当です。

 ここで、注目してほしいのは、家族手当の中の「妻」に対して支給する手当です。
 
 妻には、生活が厳しくても子供が小さく働きたくても働けない妻と、生活が裕福で働く必要のない妻がいます。
生活の扶助的賃金の要素が濃い家族手当は、本来であれば、生活の厳しい家庭に対しての補助的賃金として支給すべきです。
 しかしながら、生活が裕福で働く必要のない妻に支給するのはどうしても手当の趣旨とずれていると感じてしまいます。
 そこで、妻に対する手当を廃止して、子に対して手当を増やすことを提案させていただきました。そうすれば、少子化に取り組んでいる会社という印象もできあがるのではないでしょうか。


 次に能力実力手当について。主に資格手当について説明しました。

 会社で有効な資格を取得すると資格手当として、3,000円や5,000円が支給されます。

 しかしながら、本当にその金額で従業員へのインパクトがあるでしょうか?

 私が推奨するのは、資格を取得したら、1年後に忘年会の席や表彰式で10万円支給するとか、インパクトのある支給の方法を考えてみてはいかがでしょうか。

 また、一見、大きな金額を支給しているように思われますが、実は、報奨金として払ってしまえば、社会保険料に反映されることもなく、また在職中ずっと手当を負担する必要もありません。たとえば、5,000円を2年支給すれば、120,000円になってしまいます。


 最後に説明したのが、会社を守る手当です。

 これは、中小企業の場合、休憩時間に本当の休憩が取れなかったり、端数残業(一日ごとの端数残業をカットすることは法律上違法となります。)を退職後請求されないために、固定的時間外分を支給しておくべきなのです。
たとえば、「基本給の10%分は、あらかじめ想定される時間外分として支給する。」とか、「超過手当は、あらかじめ想定される時間外分として、10,000円支給する。」といった具合です。

 このように、手当は「意味のある支給方法」でなければいけません。また支給方法に工夫をすることがあります。

 皆様の会社でも、ぜひ一度手当を見直してみてはいかがでしょうか。

社会保険のメリット 

 個人事業主である顧問先で、社員を社会保険に加入させたいということで、社員説明会を開催しました。

 社員説明会を開催した理由は、若手社員の中に「社会保険に加入すると手取りが少なくなり損をする」といった誤解があるからです。

 せっかくの機会だったので、以下のような説明もしました。

1)労災保険は100%事業主負担で、社員の業務上と通勤途上の災害に対応します。

2)雇用保険は事業主の負担が多く、社員の失業のほか、育児や介護で休業したときに支払われる保険です。

3)健康保険は労使折半で、私傷病で長期欠勤となったときに、休業4日目より給与(標準報酬月額)の3分の2が初診日より1年6か月間支払われます。国民健康保険には、その制度はありません。

4)厚生年金保険は労使折半で、老後のほか、障害者になったり、不幸にして亡くなった場合の遺族に対して、国民年金より手厚く補償されています。

 といったような説明をしました。

 社員の皆さんは、一同に社会保険に加入したいということになり、授業主の方も大満足の説明会となりました。

 ただ、個人事業主は社会保険に加入できませんので、近々に法人化する予定となっています。

アイスブレークという手法 

 私は今年郡市PTA連協の会長を務めており、週末京都で行われましたPTA全国大会に参加してきました。

 基調講演では、サザエさんのマスオさん役の声優である増岡弘さんのお話を聴きました。

 その中で、子どもに言ってほしくない言葉の一つとして「早くしなさい」があると話しておりました。

 子どもは一生懸命頑張って支度をしているのに、お母さんからの「早くしなさい」の一言は、子どもが「僕の事わかってくれない」という思いとなり、信頼関係を損なうと言っておりました。

 「何か手伝うことがある?」くらいの助け舟を出すくらいになってほしいと話しておりました。

 また午後からは、各小講座に分かれて、アイスブレークという手法を体験しました。このアイスブレークという手法は、「凍った心を壊す」という意味があり、初めて会った人たちは緊張して壁を作ってしまいがちですが、それをいかに早く打ち解けさせるかというもの。体験してみて抜群の方法のように感じました。

 レベル1では、エア競技をしました。
アイスブレーカーと言われるリーダーが、「これからエアで大縄跳びをしましょう」というと、何もない中で、みんなで一緒に大縄跳びをするのです。身体を動かすことによって緊張が取れる感覚がありました。

 レベル2では、知らない人との名刺交換とお題を決めた自己紹介を行いました。
 アイスブレーカーが歌を歌います。そして、皆さんは自由に歩き始めます。ストップと言ったところで、目の前の人と名刺交換をし、アイスブレーカーから「住んでいる場所と名前を言った後、小さい時のあだ名についてお話をしてください」と言い、名刺交換をして話をしていきます。

 そして、レベル3では、イメージカード自己紹介を行いました。
 何人かのグループで輪になり、リーダーがその人のイメージに一番近いカードをインスピレーションで配布します。例えば、「犬」「ひまわり」「冷蔵庫」「ビール」「ダイヤモンド」「先生」などのカードを配布していきます。そして、配布された人は、そのカードを使って自分のイメージについてリーダーがどうしてそういうイメージを自分に持ったのかを自己紹介しながら説明していきます。
ちなみに私はなぜか「ダイヤモンド」でした。

 色々な手法を使って、壁を作っていた心を打ち解けさせて、短時間で仲良くなれる雰囲気づくりをしていく方法を学びました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。