スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネガティブな言葉を遣うなというけれど 

 「ポジティブな言葉を積極的に遣うように」とか「ネガティブな言葉は遣うな」といった類の本が巷にはたくさん出版されています。

 しかし、そうは言っても、ついついネガティブな言葉遣いをしてしまうことは少なくありません。そういう時には、語尾を前向きな言葉で終わらせるようにするのです。

「失敗しちゃったなあ、でも良い勉強になったな!」


「俺にはとてもこの目標は無理だな、でも命を取られる訳ではないし、自分への挑戦としてやるだけやってみるか!」

「何で、忙しいのにこんなに仕事を頼まれるんだよ、でもこれって人から頼られている証拠だな!」

「何で俺だけ厳しく注意されるんだよ、でもそれだけ俺には期待しているんだな!」

「何でこんなに嫌な事が起きるんだよ、でもこういう経験が後からネタになるし、自分を成長させてくれてるんだよな!」

 等々。とにかく、最後はポジティブな言葉で終わらせるクセをつけることが大切です。

スポンサーサイト

YESで話を聴く 

 今まで培ってきた自分の知識や経験などは、世の中の全情報から比べたら、大したことがありません。

 だとすると、人の話を積極的に聴くことは、情報を増やす方法の一つです。

 しかし、今までの経験値や自分の中の常識のものだけを、「正」として聴き入れては新しい情報が入りにくくなります。

 本来のチャンスは、自分の経験していないこと、自分にとって常識的なことではないこと、(それを私は「未常識」と称しますが)そういた未常識なことにチャンスがあるのです。

 人から未常識は話を聴くとき、多くの人は壁を作ってしまいます。それをメンタルブロックと言います。

 そういったメンタルブロックをした状態では、真の情報は入ってきません。

 私は、人から話(情報)を聴くとき、メンタルブロックは完全に外して聴くようにしています。完全に相手の話を「YES」で聴くようにしています。もらった情報を後で検証し、自分なりに消化し、最終的な判断を自分で行い、「YES」とするか「NO」とするかを決定します。

 人の話を聴かず自分の想像だけで、最初から「NO」として断ってしまいますと、「せっかく良い情報なのに、もうあいつには情報は伝えたくない」となり、その相手からは情報を頂きにくくなってしまいます。

 人の話を聴かず、「NO」と決めてしまう人の特徴としては、自分に判断力や決断力がない人や、相手に対して批判的な人が多いようです。また、そういう人は、相手に対して批判を続け、悪いことが起きても他人のせいにし、日々不満を口にするのです。

 私は、メンタルブロックを外し、人の話を「YES」で聴くようにしたところ、この一年でもの凄い方々とも知り合いになれましたし、もの凄く有益な情報をたくさん得ることができました。これからも、自分にプラスとなる人脈や情報をどんどん取り入れ、希望する皆様にはシェアしていきたいと考えております。

周りに感謝する 

 オリンピックでメダリストの選手の言葉を聴くと、

「監督やコーチのおかげです。」

「今まで育ててくれた両親に感謝します。」

「周りの方々の応援があったから、このような結果を残すことができました。」

 等々、周りの人たちへの感謝の言葉を多く聴くことができます。
 
 これは、決して「リップサービス」ではなく、心の底からそう思っている言葉だと思います。
 
 人は何をするにも「自分一人」ではできません。それまで、育ててくれた親、達成まで指導してくれた先生や監督やコーチ、達成の時に協力してくれた仲間等々…。

 そういう気持ちがあるからこそ、

「この人を何とか勝たせたい」

「目標を達成させてあげたい」

 と、周りの人からのサポートをいただき、目標を達成できるのだと、考えます。

 そういった意味でも、「日々感謝」は、目標達成への重要なキーワードであり、不可欠な思いと言えるでしょう。

了解しました! 

 携帯電話でのメールが普及し、社内でもメールでのやりとりが多くなっています。

 メールでは、緊急性の高いものは避けるようにしましょう。

 「後から返信すればいいや」としてしまうと、うっかり忘れてしまうことがあります。受けた側は、受け取ったらすぐに返信するようにしましょう。

 また、目上の人からの返信メールには「了解」とか「了解しました」と返事するのは、マナー違反だとされています。「承知しました」が正しい返事だそうです。

マクドナルドの戦略 

 週末、息子の通っている高校の野球部父母会の集まりがあり、こんな話を聞きました。その方は、普段農水省に勤務しておりますが、もう一つの肩書きとして、食体験コーディネイターとしてテレビチャンピョンやもしもしツアーなどに出演したり、各地で講演をしています。
 その方と食について話をする機会があり、「マクドナルドの戦略」について聞きました。その戦略とは…。

 「人の味覚というのは、小学生後半に形成される」というもの。

 マクドナルドでは、「ハッピーセット」と称して、子供向けにおもちゃ付きのハンバーガーのセットがあります。ハンバーガーにおもちゃのセットで「赤字じゃないのかなあ」と心配されるくらい安価にて子供たちに提供しています。

 実は、このハッピーセットがマクドナルドの戦略らしく、ハッピーセットは儲ける商品ではなく、定着する味覚を「マクドナルドの味」が「美味しい」とか「自分に合っている味」と思わせるための戦略なのだそうです。

つまり、味覚が定着するこの時期にハッピーセットで「マクドナルドの味がハンバーガーの美味しい味なんだ」と刷り込ませ、マクドナルドのファン(リピーター)を作っていく、しっかりとした将来の戦略なのだということ。

 確かに、大人になってから「小さい頃のおふくろの味が懐かしい」と思うこともあり、食関連の顧問先にも引用できる戦略だと思いましたのでご紹介いたしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。