スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんばれ!」じゃなくて「かっこいい!」 

 先日、「所さんの目がテン」という番組で、応援がある場合とない場合で成績がどう違ってくるかという実験をするコーナーがあった。

 野球の場合、バッティングセンターで何球当たるかという実験だったが、応援があると当たる確率が下がってしまった。

 一方、ランニングの場合、応援があると同じ時間で長い距離を走ることができた。

 科学的には、野球やカーリングなど集中力が重要な技術系のスポーツの場合、応援があると集中力がなくなり、成績が落ちる傾向がある。

 そういえば、昨年まで楽天の監督をしていた野村克也さんは、現役キャッチャーの時、バッターに対してつぶやき戦術をとって、バッターの集中をなくしたとのこと。

 マラソンなどの体力系のスポーツの場合、やはり応援によって、力がわいてくるらしく、成績が良くなるのだ。
 更に言えば、頑張っている人に対して、「がんばれ!」という応援より、「かっこいい!」とか「すごくいいリズムだ!」とは褒め応援の方が、より力が増すという。

 このことを会社に置き換えても、褒め応援はすごく有効である。

「この仕事はがんばれ!」というより、「お前の実力は会社でもトップなんだから普通にやっていれば必ず達成するぞ!」と言った方が、より実力が発揮できるであろう。

 皆様も褒め応援を上手く活用し、社員をやる気にさせよう!

スポンサーサイト

環境が人を作る 

 日本人選手が活躍しているバンクーバーオリンピック。メダルは現在スピードスケート男子500メートルの長島圭一郎選手が銀メダル、加藤条治選手が銅メダル、フィギュアスケート男子で高橋大輔選手が銅メダルとなっています。

 フィギュアスケートといえば名古屋、カーリングといえば北海道の常呂町、モーグルといえば猪苗代。また、海外に目を向けてみると、現在の力で言えば、ショートトラックの韓国、スノーボードのアメリカ、ボブスレーのドイツ、フィギュアスケートの層の厚さは日本といったところでしょうか。

 このように、南国の人がスキーやスケートでメダルを獲得はほぼ難しいでしょうし、スケートリンクがない国の選手がスケート競技でメダルは獲れないでしょう。

 このように、育ってきた環境によって、ある程度その人の競技が決まっていくのです。

 このことを会社に置きかけてみると、経営者の方向性や考え方、職場の環境などによって、その社員が実力通りの能力を発揮できるかどうかが決まってくるのです。

 実力を発揮できる環境を整えるということは、経営理念を明確化し経営者の考え方を社員全員に浸透させたり、事業計画を具体化し個々の目標を設定させたり、仕事を効率化できるようシステム化をすすめたり…。

 環境を整えることで良い人材を作れるのです。

バンクーバーオリンピックで初のメダル 

 スピードスケート男子500メートルで、長島圭一郎選手が銀メダル、加藤条治選手が銅メダルを獲得しました。
 
 スピードスケート男子といえば、日本のお家芸。しかし、トリノオリンピックではメダルなしに終わってしまいました。

 4年前の雪辱を誓った今回のバンクーバーオリンピックで、見事銀メダルと銅メダルを獲得。しかしながら、両選手の言葉からは「金メダルを獲れなくて悔しいです。」との言葉。

 4年後オリンピックは長島選手が31歳、加藤選手が29歳でむかえます。ソチオリンピックでは、ぜひ金メダルの狙ってもらいたい。

前向きに考えろ 

 バンクーバーオリンピックが開幕し、日本人選手の活躍が期待されます。

 メダリストのインタビューの内容を分析すると、「前向きなコメント」が目立ちます。

 例えば、スキー選手が昨シーズン転倒により手首を骨折してしまったときに「手首を骨折したことによって、下半身を強化することができかえって良かったです。」とか、足を痛めてスケートができなかった期間に対して「様々な選手のビデオを見て、細かい動きを分析することができ、貴重な時間を過ごせました。」など、前向きなコメントが非常に多いのです。

 また、「緊張はしましたけど、楽しめました。」とか「地元選手の応援でしたが、自分を応援していると思い頑張ることができました。」などのコメントをする選手もたくさんいます。

 会社に置き換えてみたときに、同じ仕事をしても、前向きに捉え、プラス思考に仕事をこなしていく人と、文句を言ったり、ため息ばかりつきながら仕事をこなす人の結果は歴然です。
 
 失敗は、良い経験と考えましょう。苦難は、良い勉強と考えましょう。そうやって前向きな考え方をする習慣が身につけば、成功は必ずやってきます。

経理理念 

 現在、数社の顧問先で賃金改革、評価制度の構築、社員教育や個人面談等社員のモチベーションアップのコンサルティングを行っています。

 その中で、経営理念を作成している会社があります。

 経営理念とは、事業遂行における基本的価値観と目的意識と言われており簡単に言うと、「われわれは何のためにこの会社に集まっているのか?」ということを明文することです。


 皆様の会社は、どのような「経営理念」ですか?

 経営理念に関しての詳細は、下記をクリック! 

http://www.keieirinen.com/article/13378942.html

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。