スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実は変えられないが考え方は変えられる 

 2人チームで仕事をしていて、ミスをしてしまったとき、いつもネガティブに考えるAさんは、「失敗してしまった。どうしよう。」と落ち込み、いつもポジティブに考えるBさんは「ようし、その経験を糧に今度は成功するために工夫してトライしよう。」と考えます。

 同じ結果なのに、考え方は180度違います。

 そうなんです。実は、現実をどう捉えるか、考えるかが大事なのです。

トーマスエジソンは、数々の失敗をしながら、数々の発明をしました。エジソンは、それを「失敗」ではなく、「失敗?これはうまくいかないということを確認した成功だよ。」と言ったそうです。
たぶんこの言葉は強がりではなく、エジソンの本音だったと思います。

 自分が信じトライするものは、簡単に諦めなければ、失敗(私は経験という言葉に置き換えますが)の積み重ねをすることによって、より深みを持った成功が待っています。

スポンサーサイト

自分に問いかける 

 私たちの人生は、間違いなく1回限りです。その1回限りの人生において誰もが「幸せになりたい」と思っています。
 しかし、幸せの尺度は十人十色で、「自分が幸せだ」と思わない限り、周りからいくら幸せに見えても、真の幸せとは言えません。

 そこで、内なる問いかけをしてみてください。
 「今何をすることが自分にとっての喜びなのか?」
 
 小冊子「ツキを呼び寄せハッピーな人生を送る18の秘訣」では、次の8項目のバランスが大切であり、「幸せ」の最終決定権は自分自身にあると説いています。

1.お金・資産
2.人間関係
3.人脈
4.家族
5.肉体・精神の健康
6.仕事
7.環境
8.プライベート


 私たちの人生において、これらの組み合わせが大きな意味を持ちます。
そして、人生の明確な目的(目標)を知ることができれば、自分が進んでいく方向がはっきりとしてきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。