スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 ほんの少しの差を一年間繰り返すことによって、大差が生じます。

 1.01の365乗と0.99の365乗の差はどれくらいになりますか?

 1.01と0.99は、たった0.02しか違いません。しかし、たった0.02の違いを積み重ねていくと結果的に歴然とした差が出てくると言う教えです。

 果たしてどのような結果になるのだろうか。

 関数電卓やGoogleの電卓機能を使い1.01と0.99にそれぞれ365乗をしてみた結果以下のような結果になります。

1.01の365乗=37.783
0.99の365乗=0.0255


 1.01のほうは切り上げて38という結果となり、逆に0.99のほうは切り上げて0.03となり、なんと元の数より小さくなってしまいました。

 今回はその計算にまつわる理系的な話ではなく、この結果がもたらす「意味」が何かという事です。

 実は、楽天の三木谷社長が執筆した「成功のコンセプト~Principles for Success」に記載されている内容で、要約すると「1.00」をベースとして考えた際、1.01のように、ちょっとした努力や成長でも365日積み重ねると大きな力(実力)になり、逆に0.99のように、ほんのちょっとでもさぼることを積み重ねていくと何も生み出さないどころか力(実力)が落ちてしまうと言う教えのようです。

 1のところ0.01だけ頑張ってコツコツと努力やれば、やがて大きな力がつきます。逆に1のところ0.01だけ少しずつ手を抜いてしまうと、やがて力がなくなります。

 たった0.02の違いでここまで差が出てくると言うのは、人生においても学ぶべき結果なのかもしれません。

 「今日は少しだけ休もう」とか「誰も見ていないからちょっと手を抜こう」が毎日続くと、大きなマイナスとなってしまいます。

 逆に、「目標達成まで、あと一息頑張ろう」とか「相手がここまでやるんだったら、あと少しやっておこう」が毎日続くと、一年後には大きな成果が生まれます。

 
ちょっとした毎日の差で、一年後には大きな差が生まれてきます。

スポンサーサイト

実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな 

 このことわざは、父がいつも私に伝えてくれていた言葉です。
 
 実は、毎日配信している「いなほメール」は、この気持ちをいつまでも忘れずに、顧問先の皆様の少しでもお役にたちたいという思いで命名したものです。
 
 このことわざの意味は、「人格の高い人ほど相手に対して態度が謙虚である」とか「人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだ」ということ。
 
 とかく人間は、成功したり、知識が増えてくると、どんどんのけ反ってきて態度が大きくなってくるものです。
 
 成功者になった気になって言動も大柄になり、相手を知らず知らずに傷つけたり、相手を腹立たせたりします。

 そういう大柄な態度になってしまう人は、本当は小人物であり人格者ほどいつも謙虚でいるものだというのが、このことわざの伝えたいことであり、父が私に伝えたいことだったのです。

 一人で大きくなった人は誰もいません。

 周りに感謝し、「いなほ」の心を持って、日々精進することが大切なのです。

伸びる選手とは 

 私は、現在ボランティアで、地元の中学生に「心研野球塾」という野球塾を開催しています。

 名前の由来は、「心を研く」「心を研究する」「真剣に取り組む」などの意味を込めて名付けました。

 野球の技術を教えるのはもちろんですが、野球を通して「感謝」「挨拶」「礼儀」などを伝えています。

 考え方や行動のちょっとした違いが、大きな結果の違いを生み出すということで、子どもたちには、次のような資料を渡しました。

 この考え方は、経営における社員についても当てはまることがあると思い、ご紹介することにいたしました。


○伸び悩む選手は練習の量に満足してしまい、伸びる選手は練習の質にこだわりをもっている。

○伸び悩む選手は練習をやらされており、伸びる選手は練習を自分で考えながらやっている。

○伸び悩む選手はできない理由を考え、伸びる選手はできる方法を考える。

○伸び悩む選手は自分の得意な練習を好み、伸びる選手は自分の苦手な練習に粘り強くチャレンジする。

○伸び悩む選手は他の選手が注意されているとき他人事で、伸びる選手は自分事に置き換え聞き耳をたてている。

○伸び悩む選手は過去の自分を後悔し、伸びる選手は過去の自分を反省しながら今に生かしている。

○伸び悩む選手は指導者の話を聞いているだけで、伸びる選手は指導者に質問をしてくる。

○伸び悩む選手は叱られたことに腹を立て考えないようにし、伸びる選手は叱られたことに腹を立てても後から冷静に考えることができる。

○伸び悩む選手は周りの言動を気にし、伸びる選手は周りの言動を自分の力にすることができる。

○伸び悩む選手は結果に一喜一憂し、伸びる選手は結果を冷静に受け止め次に生かしている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。