スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした規則の違いで大きな違いに 

 「1週間の始まり」

 法律上、1週間の始まりは、いつからだと思いますか?

 答えは、「日曜日」です。

 しかし、就業規則で1週間の始まりを月曜日とすれば月曜日ですし、火曜日とすれば火曜日となります。

 なぜ、こんなことを言うか・・・。

 実は、割増賃金との関係があります。

 例えば、土日が休みの会社があるとします。

A社・・・法律通り日曜日が週の始期

B社・・・規則で定め土曜日が週の始期

 とします。

 例として、両会社で、土曜日出勤となり、振替休日に次の月曜日を充てたとします。

【A社の場合】
 月曜日は次週となり、割増賃金の対象となり、2割5分増以上の賃金を支払わなければいけなくなります。

【B社の場合】
 月曜日は同じ週となり、割増賃金は発生しません。

 
 労働基準法では、一日8時間、一週40時間以内が法定労働時間となります。よって、次週に振替休日がずれ込んだ場合は、0.25分の割増賃金が発生してしまうのです。

 図にしてみるとわかり易いと思います!

 また、よくみかけるのが、土日の一方に出勤させても3割5分増の賃金ではなく2割5分増の賃金を払えば足ります。また、土曜日に出勤させても日曜日に出勤させても、一日であれば、2割5分増の賃金で足ります。

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。