スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YESで話を聴く 

 今まで培ってきた自分の知識や経験などは、世の中の全情報から比べたら、大したことがありません。

 だとすると、人の話を積極的に聴くことは、情報を増やす方法の一つです。

 しかし、今までの経験値や自分の中の常識のものだけを、「正」として聴き入れては新しい情報が入りにくくなります。

 本来のチャンスは、自分の経験していないこと、自分にとって常識的なことではないこと、(それを私は「未常識」と称しますが)そういた未常識なことにチャンスがあるのです。

 人から未常識は話を聴くとき、多くの人は壁を作ってしまいます。それをメンタルブロックと言います。

 そういったメンタルブロックをした状態では、真の情報は入ってきません。

 私は、人から話(情報)を聴くとき、メンタルブロックは完全に外して聴くようにしています。完全に相手の話を「YES」で聴くようにしています。もらった情報を後で検証し、自分なりに消化し、最終的な判断を自分で行い、「YES」とするか「NO」とするかを決定します。

 人の話を聴かず自分の想像だけで、最初から「NO」として断ってしまいますと、「せっかく良い情報なのに、もうあいつには情報は伝えたくない」となり、その相手からは情報を頂きにくくなってしまいます。

 人の話を聴かず、「NO」と決めてしまう人の特徴としては、自分に判断力や決断力がない人や、相手に対して批判的な人が多いようです。また、そういう人は、相手に対して批判を続け、悪いことが起きても他人のせいにし、日々不満を口にするのです。

 私は、メンタルブロックを外し、人の話を「YES」で聴くようにしたところ、この一年でもの凄い方々とも知り合いになれましたし、もの凄く有益な情報をたくさん得ることができました。これからも、自分にプラスとなる人脈や情報をどんどん取り入れ、希望する皆様にはシェアしていきたいと考えております。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。