FC2ブログ

住友生命主催セミナー開催 

 先々週、先週と木更津、千葉、茂原でセミナーを開催しました。

 住友生命主催のセミナーということで住友生命とお付き合いのある会社様向けに、監督署の調査対応方法とリスクヘッジできる就業規則の作成方法、それと社会保険料削減方法をメインとしてお話をさせていただきました。

 千葉でのセミナーでは、その中の一こまに手当の話をしたんですが、その手当についてお話します。

 皆様の会社には、家族手当はございますか?

 家族手当には、社会保険の扶養となっている配偶者に支給するものと、子どもに対して支給するものがあります。

 私は、配偶者に支給している手当を廃止し、子どもに対して支給する額を増やすことを提案いたしました。

 そもそも、生活扶助的な要素の家族手当。配偶者の場合、「働けない方と働かなくてもよい方」がいます。

 働いている方が夫だとします。働けない妻(配偶者)とは、子どもが小さくて家計的にも厳しいんだけど、どうしても働くことができないというもの。働かなくてもよい妻とは、お金も裕福で専業主婦をしていても家計的に余裕があるというもの。

 家族手当が、生活扶助という要素だとすれば、後者には払う必要はないと考えます。
 しかし、実態が前者なのか後者なのかは、なかなかわかりません。
 よって、配偶者に支払う分を廃止し、その原資で子どもに支払う分を増やしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://srsuppo.blog52.fc2.com/tb.php/177-b029e277