スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなことも知らね―の? 

 私は、毎週木曜日の夜、地元中学生対象にボランティアで野球塾を開催しています。

 ある日、塾生の中では割と実力のあるA選手が、後輩B選手に対して、自分なりに野球指導をしていました。私は遠目で見ていたのですが、ある事を教えた時に、後輩B選手が「知りませんでした。」との回答をA選手に言ったところ、
「お前、こんなことも知らねーの?」とA選手は後輩B選手に言いました。

 数人の前で言われたB選手は、顔が真っ赤になり、涙目になっていました。

 堪り兼ねた私は、A選手の元に行って、「B君に、こんなこと知らねーのって言ったことによって、A君に入ってくる情報が少なくなるよ!」と伝えました。

 人の知っている知識なんて限られたものです。ひょっとしたら、A選手の知らないことを、B選手は知っていることだってたくさんあると思います。しかし、A選手に「こんなことも知らねーの」と言われたB選手は、きっと「知っていることがあってもA先輩には絶対に教えない」と思ったはずです。

 会社の中でも、こういったことってありませんか?

 特に上司が部下に対して「お前、こんなことを知らねーのかよ」って。

 でも部下は「あなたに教えてもらってないでしょ!」って思うかも知れませんし、「わからないから聴いているんですよ。」と思うかも知れません。

 そして部下は、「何か良い情報があっても、この上司には絶対に教えない!」と思うかも知れません。
 
 いずれにせよ、「こんなことも知らねーの?」という言葉は、相手にとって傷つく言葉ですし、自分にとってもプラスになる言葉ではありません。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://srsuppo.blog52.fc2.com/tb.php/255-f629b3ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。